2009年4月24日金曜日

自宅でできるクライミングのためのトレーニング

自宅でできるトレーニングについて考えてみた。ここでいう「トレーニング」はただの筋力トレーニングのことではなく、もっとクライミングに近い前段階になるようなもの。別にジムに行く時間がとれないというわけではないのだけど、システマティックなトレーニングの必要性を感じてきたのと、ジムでは登るほうに重点を置いたほうがいいと思うので。

キャンパスボード

効果はとても高いだろうけど(キャンパシング参照)、まずはキャンパスボードを自作するところから始めなければならない。検索してみるとキャンパスボードを自作している人は意外に多いようだ。設置も自立式にすれば問題なさそう。でも製作のための材料や道具も買わなければならないので、費用はかなり高くなってしまうと思う。あと、はっきり言って面倒くさい。正直そこまでのモチベーションはないのであっさり断念。

ポータブルロック

東商アソシエートのポータブルロックは上で挙げたキャンパスボード自作の問題点をすべて解決している。さらに折りたたみ収納もできるというすぐれもの。値段は39,900円プラス東京への送料が3700円で合計43600円。決して安くはないけど、自作の手間や材料費などを考えると悪くないかもしれない。ただ自分の場合はホールドは必要なくて、それよりも両面ともキャンパスラングだとよかった。あとは、あの足を投げ出した姿勢でキャンパシングと同じ効果が得られるかわからないので、一度体験できるといいのだけどなかなかそうもいかないし、購入には踏みきれない。

フィンガーボード

もう少しハードルを下げてフィンガーボードはどうだろう。基本的には懸垂片手ロックオフによる筋力アップと、デッドハング(静止ぶら下がり)による指の筋動員率向上が見込めるとのこと。値段もそんなに高くないので欲しいのだけど、致命的なことに賃貸のため穴をあけることができない。

(追記)斬新なフィンガーボードの設置方法も参照。

ロックリングス

さらにお手軽なものではメトリウスのロックリングスというのがある。トレーニングのバリエーションはフィンガーボードよりも少なくなってしまうけど、スリングをかけるだけで設置ができるというのは魅力的だと思う。そこでふと思いついたのだけど、これを2セット購入して壁にくっつけるようにそれぞれ高さをかえて設置すれば、キャンパシングができたりして?しっかり壁に固定するわけではないので、飛びついた瞬間に横に動きそうなのが心配だけど。

日本で購入すると1セット5880円だけど、REIで個人輸入すれば30ドルなので今の為替レートなら同じ値段で2セット買える(送料がいくらかわからないけど)。ということで2セット買いを現在検討中。ちなみにロックリングスの説明書(PDF)はフィンガーボードのものと共通で、トレーニング方法についても書いてある。

(追記)引越しにより設置場所がなくなってしまった。