2009年10月24日土曜日

Ubuntu 8.04でopenChromeをインストールした

HP 2133で使っているVIAのビデオドライバがアップデートされないので、なんとなくopenChromeをインストールしてみた。openChromeはVIAのグラフィックチップセットであるUniChrome, UniChrome Pro, Chrome9に対応しているフリーでオープンなビデオドライバ。

Ubuntu 8.04以降では、xserver-xorg-video-openchromeというパッケージが用意されているので

% sudo apt-get install xserver-xorg-video-openchrome

とするだけでインストールできる。

でも例によってパッケージのバージョンは古いので、ソースから最新版をインストールすることにした。ダウンロードしたtarballを展開後、

% ./configure --prefix=/usr
% make
% sudo make install

とすればインストールは完了。

次に/etc/X11/xorg.confをエディタで開いて、DeviceセクションにあるDriverの値をopenchromeに変更し、Xを再起動する。

--- /etc/X11/xorg.conf~ 2009-01-08 20:35:24.000000000 +0900
+++ /etc/X11/xorg.conf  2009-10-17 18:27:13.000000000 +0900
@@ -141,7 +141,7 @@

 Section "Device"
   BoardName    "Framebuffer Graphics"
-  Driver       "via"
+  Driver       "openchrome"
   Identifier   "Device[0]"
   Screen       0
   VendorName   "VIA Technolog

実際に使用してみて、特に描画が速くなったりということはなかったのだけど、サスペンド/ハイバネーションの復帰で失敗することがなくなったので、とりあえずopenChromeを使い続けていこうと思う。

ちなみに、openChromeでは3Dアクセラレーションは無効になるけど、代わりにいろいろな問題が解消されたりフリーズしなくなったりするとのこと。3DアクセラレーションはVIAが情報を公開してくれないため実装できないらしい。

参考

2009年10月15日木曜日

Ubuntu 8.04でPulseAudioを削除したら動画の再生が軽くなった

動画の再生が重いのは、いろいろ調べてみてPulseAudioが原因だということがわかった。PulseAudioは8.04から標準になったサウンドシステムなのだけど、これを削除して直接ALSAを使うことにした。

% dpkg -l "*pulseaudio*"

で表示されるインストール済みパッケージをすべて削除する。

% sudo apt-get purge pulseaudio pulseaudio-esound-compat pulseaudio-module-gconf pulseaudio-module-hal pulseaudio-module-x11 pulseaudio-utils gstreamer0.10-pulseaudio

次に、[システム]-[設定]-[サウンド]ですべてALSA - Advanced Linux Sound Architectureを選択し再起動する。

PulseAudioを消すとログイン音が鳴らなくなるらしいのだけど、自分は効果音の類はすべて無効にしているので関係ない。

実際に削除してみて、劇的に軽くなったというわけではないのだけど、かなりよくなった気がする。