2010年8月30日月曜日

クライミングのための懸垂(チンニング)

クライミングのためのトレーニングとしては比較的行いやすい懸垂について、改めて調べたり考えたりしてみた。

懸垂やロックオフはクライミングにおいて基本的な動作なので、ウェイトトレーニングとして懸垂を行うのは間違っていない。ただし、初級者は登るのが一番のトレーニングになるので、時間が確保できるなら登ることを優先するべき。また、中級者以上では指の強さがより重要になってくるということもあり、鍛える部位の優先順位をよく考える必要がある。

最大筋力と筋持久力とでは、まず最大筋力の強化を優先させるべきとされている。最大筋力が向上すれば、それまで限界だったムーブが少し力を抜いて登れるようになれるわけだから、持久力も向上したことになる(LT値が高まり乳酸の発生を遅らせることができる)。一方、筋持久力がいくらあっても、最大筋力が足りず不可能なムーブがひとつでもあればその課題/ルートは登れない。ということで、ここでは最大筋力を高めるためのトレーニングを前提とする。

いわゆる普通の懸垂

クライミングの特性を考えた場合、とりあえず負荷は自重で、無理な場合は椅子やゴムチューブに片足を置いたりして軽減すればいい。筋肥大を目的としたウェイトトレーニングの原則から1セットの回数は8~12回、セット数は3~5セットで、各セット間のインターバルは1~2分程度に設定する。

(追記)筋肉は同じ刺激が長期間続くとそれに適応してしまうので、停滞期(プラトー)に入り回数が伸びなくなってきたら、セット数やインターバルの長さを変えたり、バリエーションや片手ロックオフに移行するなど変化をつける必要がある。

フィンガーボードなどで指も同時に鍛えようとするのはやめたほうがいい。ひとつのトレーニングで同時に指にも適切な負荷を与えるのは不可能なため。指は指に焦点を当てた別のトレーニングをするべき(デッドハングによる指のトレーニング)。

バリエーション

手の幅を広くしたり狭くしたりすることで、普通の懸垂とは異なる筋肉を使うことができる。また、引っ掛けたロープなどを利用し、左右で段差をつけることで片手への負荷を増やすことができる。実際のクライミングでは、自分の肩幅だったり、両手の高さが揃っているホールドはまれなので、ウェイトトレーニングにおける特異性の原則にも適っていると思う。

最大筋力の向上は筋肥大によってだけではなく、筋繊維の動員率を上げることによっても達成される。その場合は回数を5回未満に設定し、その回数で限界になる程度のウェイトを装着して行う。インターバルはクレアチンリン酸が再合成されるのを待つ必要があるため3〜5分程度。筋動員率向上のためのトレーニングは、神経系の適応によってより多くの筋繊維を動員しようというもので、今ある筋肉量で筋力アップさせようということだから、いずれはどこかで頭打ちになる。それ以上は筋肉を肥大させるしかない。

片手ロックオフ

両手での懸垂が強くなってきたら、体を引きつけた状態で固定する片手ロックオフのトレーニングも行ったほうがいい。これも筋動員率の向上を狙ったトレーニングだけど、片手ロックオフからのエキセントリック・コントラクション(ネガティブとも呼ばれる)には筋肥大の効果がある。詳しくは片手ロックオフ参照。

片手懸垂

片手懸垂の練習としては、上で挙げた片手ロックオフやネガティブ、反対の手で手首・肘・肩や鉄棒の支柱などをつかんで補助する方法がよく紹介されている。補助ありの場合、セットの後半は補助側の手も全力になってしまい、片手懸垂のための筋肉を鍛えているのか補助するための筋肉を鍛えているのかわからなくなってしまうことがある。これを避けるにはアーチャープルアップが適している。手幅は広めで真上ではなく左右どちらかに向かって懸垂を行う。一番上では補助側の手をバーから離し、手首周辺をバーの上に乗せて腕を伸ばす。再びバーをつかみ体を下ろしたら、次は先ほどとは逆の方向に向かい同じことを行う。

参考

2010年8月25日水曜日

iPod touchをなるべく安く買う方法

iPod touchをなんとか安く入手できないかと調べた時のまとめ。総合的に見て整備済製品が安いし無難な気がする。

個人輸入

円高の影響もあって海外通販ならかなり安くなるはず、なのだけどApple StoreやAmazonなどの信用できそうなサイトは海外への発送を行っていない。ということで、他の選択肢としては

  • 海外にいる知人に現地で購入し送ってもらう
  • 転送サービスを利用する
  • 海外発送に対応しているオンラインショップを利用する

などが考えられるけど、いずれの場合も送料と税金はかかる(ひょっとしたら関税はないかもしれないけど、消費税は必要)。

転送サービスは、まずその会社(または個人)の住所を発送先に指定して購入し、さらにそこから日本へ送ってもらうという仕組み。したがって、オンラインショップと同じ国にある転送サービスを探す必要があるのだけど、オンラインショップからは国内発送となるため、Apple StoreでもAmazonでも問題なく利用できる。手数料もそんなに高くないようだ。

個人輸入の場合は、本体価格とは別でかかる費用もあるため、トータルでどれだけ安くなるのか、またその差額がリスクに見合うかをよく勘案する必要があると思う。海外で購入した製品の保証については下記を参照。

海外に行くついでに買う(買ってきてもらう)

もし、自分または友人などに海外に行く予定があれば、免税店で買う(買ってきてもらう)こともできる。これは為替レートさえ気をつければ確実性も高く、注文してから受け取るまでヤキモキすることもないと思う。

ただし、これは個人輸入の場合も当てはまるのだけど、海外で購入した製品の保証がどうなるのかがはっきりしないので、サポートに電話で確認してから実行に移したほうがいいかもしれない。Apple 製品 1 年限定保証を見てみると、

海外でのサービスが利用可能な場合、Apple は Apple 製品および部品を、現地の基準に合致する同等の Apple 製品および部品によって修理または交換することがあります。

とあるので、大丈夫だとは思うのだけど。

ちなみに、各国での値段は

から国名を選んで調べることができる。

整備済製品

日本のApple Storeで買える整備済製品も在庫があればかなり安い。整備済製品は店頭商品、返品商品、初期不良品などをAppleがきちんと修理調整して1年保証をつけたもの。

Appleによると新品水準並みの品質とのことだけど、完全な新品というわけではなくて、Dockアダプタとクイックスタートガイドが同梱されなかったり(される場合もある)、パッケージが紙箱だったり(新品と同じプラスチックケースの場合もあるらしい)するので気になる人は止めておいたほうがいいかもしれない。自分も2台目は整備済製品を購入したのだけど、いまのところ特に問題は起きていない。購入金額が5000円以上なので送料は無料。

Amazon.co.jp

日本のAmazonでは基本的に5% OFFのようだけど、割引率の変動が激しいためこまめにチェックしたほうがいい。過去には11% OFFだったこともあり、安くなっているときなら有力な選択肢になると思う。送料は無料。

(追記)Apple Storeの整備済製品もそうなのだけど、新モデル発表後は旧モデルがさらに安くなる。Amazon.co.jpでは以前、17% OFFになっていたことがあった。

学生・教職員割引と政府系機関・公務員割引

Apple Storeの学生・教職員割引はiPodには適用されない。政府系機関・公務員割引は6%OFFになるなくなったらしい。

家電量販店

たいていの家電量販店ではApple製品はあまり安くなっておらず、ポイントもたいしてつかない。しかし、交渉次第では現金値引+ポイント率アップでわりと安く買うことができるらしい。いろいろ検索してみたところヤマダ電機がよさそうだ。また、Apple製品といえども開店/閉店セールでは安く売られることもあるようなので、タイミングが合えばそれもいいかもしれない。新モデル発表後の旧モデル在庫処分セールを狙うのもありだと思う。

自分が1台目を購入したときは、整備済製品の在庫がなく、また、家電量販店ではどうせ安くならないだろうという思い込みもあり、他店は調べずポイントカードを持っているヨドバシで買うことにした。ポイントが5%ついて、シリコンケースが同時購入で10%OFFに、充電しても30分ともたなくなったiPod nanoを下取りに出して¥-2000(固定)、さらになぜか¥1500のiTunesカードがついてきた。家電量販店では密かにお得なキャンペーンをやっていることもあるので、他の店と比較するときは注意が必要。下取りは状態がよく、それほど古くないモデルならソフマップ(買取上限額を検索できる)のほうが高く買い取ってくれると思う。

家電量販店での購入は場合によってはだいぶ安くなるようだけど、交通費と労力と時間に見合わなかったなんてことにならないように気をつけたい。

Yahoo!オークション

個人的には新品でも中古でもヤフオクはあまり安くないと感じている。

中古品

中古販売をしているオンラインショップも覗いてみたけど、価格自体も決して安くはないし、ほとんどのものは保証書が付いていないので、自分は高くても新品を買いたいと思ってしまう。ショップによる保証は付いていも期間が短い。また、前の所有者の使い方にもよるのだけどバッテリーの劣化も心配。

価格.com

(追記)なせか価格.comを書き忘れていた。だけど特に安くはない。

2010年8月22日日曜日

整備済製品のiPod touchを購入した

第4世代のiPod touchがまもなく発売されると言われているけど、自分が開発しているiPhoneアプリのテストでどうしても第3世代が必要になり、数週間前に整備済製品を購入した。

整備済製品とは、

店頭商品、返品商品、初期不良品などを修理調整し、新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品です。新製品同様、1年間の特別保証書をお付けしております。

といったもので、値段もだいぶ安くなっている。たとえば、自分が購入した32GBは¥29,800が¥24,800になっていた(送料無料)。Apple製品はあまり安くならないので、完全な新品ではないというのが気にならなければかなりいいと思う。また、新品同様1年保証が付くのも大きい。ただし、常に在庫があるわけではないので、タイミングが合わなければ買うことはできない。

Dockアダプタ、クイックスタートガイドが同梱されていないとのことだったけど、自分の場合は箱の中に入っていた。ということで、新品との違いはパッケージだけのようで、プラスチックのケースではなく紙箱でできた簡易的なものだった。本体はもちろん問題なく使えている。タイミングが合えば第4世代も整備済製品を買うかもしれない。