2011年5月27日金曜日

コンパクトサイズの竹ブラシ発見

豚毛の竹ブラシが安くてチョークもよく落ちるというようなことを少し前に書いたけど、サイズが大きくて使いづらくもある。チョークバッグのブラシホルダーには入らないし、細かいホールドだと先端の角ばかり使って斜めに減ってきてしまう(天然毛は摩耗して短くなる)。

ということで、小さな竹ブラシはないものかと思っていたら、この前とは別のホームセンターで発見した。「竹楊子」と書かれていて値段は48円だった。一般的な歯ブラシと比べると、柄のサイズは同じぐらいだけどヘッドは大きめ。ブラシホルダーは問題なく使える。残念ながら毛の密度が低いため、1ストロークで取り除けるチョークの量は少ない。

(追記)さらに今度は「重慶ブラシ」という竹ブラシを同じホームセンターで発見。どうやら前回行ったときは売り切れていたようだ。これは竹楊子よりも一回り大きいけどブラシホルダーにはなんとか刺さるし(200mmと240mmの2サイズがあるけど200mmのほう)、ヘッドのサイズも特に使いにくさを感じることはない。また、毛の密度がだいぶ大きいため少ない回数でクリーニングできる。ということで、追記になってしまったけどこちらがおすすめ。