2014年10月5日日曜日

LogicoolのワイヤレスマウスM545をMacで使う

LogicoolのWireless Mouse M545はMacには対応していないようで、チルトホイールを左右に傾けても無反応だし、サムボタンもわけのわからないキーに割り当てられている。Logicool Control Centerでもサポートされていない(バージョン3.9.1で確認)。

ということで、Karabiner(旧KeyRemap4MacBook)を使ってどうにかしようとしたところ、チルトホイールの左右スクロールはできるようになった。見よう見まねで書いたものだけど、private.xmlの内容を下に載せておく。具体的な設定手順はKarabinerのマニュアルが丁寧でわかりやすい。

<?xml version="1.0"?>
<root>
  <item>
    <name>MouseButton4 to Left Scrolling</name>
    <identifier>private.mousebutton4_to_left_scrolling</identifier>
    <autogen>
      __PointingButtonToKey__
      PointingButton::BUTTON4,
      KeyCode::VK_MOUSEKEY_SCROLL_LEFT
    </autogen>
  </item>
  <item>
    <name>MouseButton5 to Right Scrolling</name>
    <identifier>private.mousebutton5_to_right_scrolling</identifier>
    <autogen>
      __PointingButtonToKey__
      PointingButton::BUTTON5,
      KeyCode::VK_MOUSEKEY_SCROLL_RIGHT
    </autogen>
  </item>
</root>

KarabinerのEventViewerを使えば、マウスのボタンに対応しているキーコードも調べることができる。サムボタンはそれぞれCommandCommand+Dにマッピングされているようだ。さすがにCommandのマッピングを変えるわけにはいかないので、サムボタンの変更はKarabinerでは無理だと思われる。USB OverdriveやSteerMouseでもできなかったらしいのでサムボタンに関してはあきらめた。

ちなみに、USB OverdriveやSteerMouseは有料のソフトウェアだけど、Karabinerは無料でソースも公開されている。